代表的な性病|性病の治し方!主な性病と治療薬についての知識

代表的な性病

the girl is worried

現存する性病の中で最もポピュラーなもの、というと「クラミジア」が挙げられます。性病の種類はさまざまですが、これほど感染力が強く、しかも多くの人を悩ませているというモノはありません。年齢や性別に関係なく、あらゆる人が感染する可能性があり、しかも自然治癒は一切あり得ません。放っておけばどんどん症状は進み、その分だけ他人に感染させる危険が高まるという厄介な病気です。
男性の場合は症状がわりと出やすく、「尿道の痛み」や「透明な膿」といった自覚症状が、感染3日後から1週間後にあらわれます。トイレに立つときにオシッコと一緒に無数の小さな金属が絞り出されているような、イヤな痛みがあった時は感染を疑うべきです。ただし女性、そして一部の男性には症状が出ないパターンも増えています。特に女性は、感染前と感染後で目立った違いがなく、知らないうちにいろんな人に感染させたり、症状を重くしたりしていることが考えられます。症状が重くなると不妊になってしまうことがあるので、要注意です。

もし、感染していそうな相手とセックスをしてしまった覚えがあるという場合には、診察を受けてみましょう。
「病院に行けない」という場合には、ネットで手軽に購入できる検査キットを使いましょう。キットは尿検査をするだけでたちどころに陽性か陰性か結果を出してくれるものです(陽性の場合、治療の必要があります)。
幸いなことに、クラミジアは感染発覚後、適切な治療を行えば完治させることができる性病です。クラミジア菌を死滅させることができる抗菌薬(抗生物質)があり、ネットでも簡単に購入できます。もちろん病院に行って医師の診察を受けるというのがいちばんですが、時間がないとき、「どうしても恥ずかしくてムリ!」というときは、このような方法を使いましょう。